40代でセミリタイアへの道程

高配当投資と節約により、経済的自由を目指します。

おススメのふるさと納税サイト

f:id:golei:20190503085039p:plain


 こんにちは、ゴレイです。

 

先日、久々に回転寿司に行ってみました。

地方に住んでいた時はよく行っていたのですが、都内に住むようになり近所に店舗がなかったため、足が遠のいておりました。

 

この日は雨が降っていたことと、昼食時間帯をずらした(16:00頃)ため、店内は非常に空いており、快適に過ごすことができました。

しかし、茶碗蒸しを勢いよくかきこんだ際に、喉を火傷してしまったようです…。

何事も落ち着いて物事を進めることが重要ですね。

 

今日は、ふるさと納税について、書いてみたいと思います。

 

ふるさと納税を行ったキッカケ

今日ではサラリーマンの方にも一般的となったふるさと納税ですが、最近の泉佐野市の話とか、メディアに取り上げられるようになった歴史はそんなに古くないと記憶しています。

制度自体はずいぶん前からあったはずですが。

 

 私は2014年頃だったか、会社の先輩がすでに行っていたので認知はしておりましたが、当時は確定申告が必要だったこともあり、

 

「ダルいし、めんどくさい。」

 

ということで、行っておりませんでした。

 

その後、2015年の年末に、確定申告を行わなくともふるさと納税の税金控除(寄附金控除)を受けられる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の制度を知ったのですが、その年には手続等が間に合いませんでした。

 

初めてのふるさと納税

2015年の寄付が間に合わなかったこともあり、2016年からは有効活用しようと思い、年明け早々にふるさと納税サイトに登録をしました。

「ふるさとチョイス」と「ふるなび」に登録したものの、管理を一元化したほうが良いと思い、「ふるさとチョイス」に集約させました。

 

そして、初めてのふるさと納税は、2016年の2月に宮崎県都城市に寄付しました。

10,000円の寄付でしゃぶしゃぶ用の豚肉がたくさん届いたことを記憶しております。

 

おススメのふるさと納税サイトは「楽天ふるさと納税

2018年からは「楽天ふるさと納税」を利用しています。

 

元々楽天市場を使用していたこと、楽天ゴールドカード保有楽天証券でポイント投資していることもあり、普通に寄付するよりポイントが高くつためです。

 

ふるさと納税の寄付は少なくとも5,000円~あたりだと思いますので、寄付により得られる楽天ポイントはバカにできないです。

 

さらに、東北楽天イーグルスヴィッセル神戸FCバルセロナが勝利した翌日には、ポイントも増えてお得になりますので、3チームの動向も見ながら寄付するとさらにいいと思います。


 

 

何か参考になれば幸いです。