40代でセミリタイアへの道程

高配当投資と節約により、経済的自由を目指します。

ドラッグストアは節約には必須になってきた

f:id:golei:20190522231626p:plain

こんにちは、ゴレイです。

相変わらず、仕事に対するモチベーションが上がらないないまま、悶々とした日々を過ごしております。

 

今日はドラッグストアの情報を手にしたので、そのお話しでもと思います。

 

ドラッグストアの市場規模は右肩上がりらしい

 

ドラッグストアの売り上げベースの市場規模はここ2年で、5%ずつ上昇しているようです。

 

私の肌感覚からすると、昔はスーパーに比べていわば影の薄い存在ではありましたが、地方でもドラッグストアの新規出店というものはよく目にしていたので、特に違和感は感じません。

 

比較的に安価な値段で何でもそろうという便利さもあり、利用されている方も多いのではないでしょうか。

 

以前のドラッグストアという感覚でいえば、いわば薬局でありそこは薬を買うところ。

体調を崩すなどしなければ、行くことのない縁がなかった場所のように感じます。

しかし、最近は日用品であれば何でもそろう場所となっています。

 

洗剤、化粧品、カミソリ、リンスインシャンプー、パイプのつまりを改善させる何らかの粉末…。

 

いろいろ取り扱っておりますが、私は先日無洗米をドラッグストアで購入しました。

生鮮食品がない以外はほぼスーパーマーケットと変わらない品揃えになっています。

 

ドラッグストア業界の規模が上昇しているのは、他業界のパイを奪っているということなのでしょう。

 

いずれにしても、消費者の立場からすると、より便利となったことは言うまでもありません。

 

 

行きつけのドラッグストアは無理に決めつける必要もない

 

巷には数多くのドラッグストアが溢れており、どの店舗でも例外なくポイントカードとやらがあります。

 

ポイントを集中するという意味でも、行きつけの店を決めたほうがいいように思いますが、クレジットカードのポイント等とはことなり、そこまで気にする必要はないと思っています。

 

 

6月はドラッグストアで最大20%戻ってくるキャンペーン

 

以前にも触れましたが、PayPayで決済をすることにより、決済金額の最大20%還元をやるようです。

 

(以前の参考記事です)

www.golei-semiretire.com

 

来月は既にPayPay決済が可能なウェルシア薬局で買いだめををしようと思っていたところ、大手のドラッグストア「ココカラファイン」も、6月からPayPay決済が可能となることが発表されました。

 

6月は梅雨時で湿度も高く、不快な日々を過ごすことになるのですが、名前の通りここから元気にやってやろうぜ!ということなんでしょうかね(←多分違う)。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

PayPayに限らずドラッグストアはお得なキャンペーンがいっぱい

 

PayPayに限らず、ドラッグストアでは他の小売業等に比べ、期間限定10%OFFクーポン等、消費者にとってはお得なキャンペーンをよく行っているように思います。

 

様々なブランドのドラッグストアが巷にはあふれているので、お得なキャンペーンをやっている店舗を上手に利用していくことが、人生を豊かにするように思います。

 

要は使い分けですね。