40代でセミリタイアへの道程

高配当投資と節約により、経済的自由を目指します。

2019年5月の配当金状況

f:id:golei:20190523224900j:plain
こんにちは、ゴレイです。

東京では週末から来週にかけて真夏日の予想が出ていますが、今のところそこまでの暑さは感じておりません。
湿度が比較的低いからでしょうか。

例年であれば、5月1日から半袖のシャツで仕事に通うところですが、今のところ長袖のシャツかつジャケットまで着用して出勤しております。

5月の配当金の状況がほぼ確定しましたので、報告します。

2019年5月の配当金(税引後)

株式配当金
銘柄 配当金
T AT&T 16,219円
PFF iシェアーズ優先株式&インカム証券 17,652円
BTI ブリティッシュアメリカンタバコ 19,150円
ABBV アッヴィ 13,337円
MrMaxHD(8203) 4,543円
吉野家ホールディングス(9861) 797円
合計 71,698円
ソーシャルレンディングの配当金

こちらは5,285円でした。

合わせて、76,983円でした。

配当金は人生を豊かにするという考え方

来月は、3月決算の日本株式の配当金が入金されるということもあり、既に心を躍らせております。
サラリーマンの方は賞与もありますしね。

将来的な目標である20万円に対しては、まだまだ大きな距離がありますが、数字の意味は深く考える必要があると思っています。

年間で8万円の配当金を得るには、年率4%の利回りで考えても200万円必要であり、税率20%を考慮すると250万円が必要。

時間外労働単価が2,500円の人であれば、32時間分の労働に相当。

チロルチョコだと、8,000個…、って今はチロルチョコ1個20円でしたっけ?
だとすると、4,000個になりますが、いずれにせよ簡単な金額ではありません。

普段駄菓子を買うことはありませんが、たまに値段を見ると、私が小学生の頃とは比べものにならないほど上昇している気がします。
ひょんなことからインフレを意識するわけですね。

お菓子の話は、ネタになりそうなので、そのうち記事にするかもです。

話がそれてしまいましたが、こうして捉えると、非常に大きな金額であることがわかると思います。


ちなみに、2019年配当金の累計(1月から5月の累計)は、314,819円(税引後)となっております。

配当金の他にも、売買益もあるわけですが、今年は正直思うように稼げておりません。

出来るだけ配当金という不労所得を積み上げていくことにより、経済的自由はもちろんのことながら、まずは「精神的な余裕」を少しでも手に入れたいと思っています。

当面は社畜を続けなければならないと思っていますので…。