40代でセミリタイアへの道程

高配当投資と節約により、経済的自由を目指します。

2019年5月第4週の米国株式の状況

こんにちは、ゴレイです。

30代後半になり、身体のあらゆるところに衰えが垣間見えてきておりますが、歯についても例外ではなく、私は定期的にメンテナンスをしていただいております。


その際歯茎の中に埋まっている親不知が顔を出してきていることが発覚し、いずれは抜歯しないといけないだろうとのことでした。


歯を失うと食事を楽しむことが難しくなりますし、一気に老化がすすんでしまうという話もあります。


有意義な人生を送るには、健康あってのものだと考えていますので、身体のメンテナンスにはこれまで以上に気を使っていきたいと思っている次第です。


ということで、今週も保有する米国株式について、公開させていただきます。

先週分はこちらです。

www.golei-semiretire.com


2019年5月第4週の保有銘柄(NISA含む)

米国株式
銘柄 保有株数 株価
ABBV アッヴィ 160 80.06
BTI ブリティッシュアメリカンタバコ 335 37.86
HSBC HSBCホールディングス 350 42.00
MO アルトリアグループ 80 52.40
PFF iシェアーズ優先株式&インカム証券 1,275 36.61
RDSB ロイヤルダッチシェル 80 64.21
T AT&T 400 32.27
XOM エクソンモービル 59 74.10
WBK ウェストパックバンキング 240 19.44

TOTAL:118,144.75USD(+952.51USD)

日本円換算:12,953,390円(+98,574円)(1USD=109.64円で計算)

今週の売買はありません。


為替が110円台で定着するかな…と思いきや、週末にかけて円高ドル安に向かってしまいました。


淡々とドル資産を積み上げていこうと思っているので、多少の為替変動は気にしていないのですが、米国国債の金利が足許で下がり続けていることが非常に気になります。


米国10年債の金利は、年始の2.7%近辺から、2.3%台前半まで低下していますので…。


円高ドル安が進むと、私のポートフォリオの場合、保有日本株式の方に影響が強く出そうなので、そちらを懸念しております。


今月の給与と来月の賞与を原資に投資額の積み上げていく予定にしており、想定外の事象が起こることなく、1ドル110円未満でドル転をし、さらなる米ドル資産の積み上げができればいいのですが。