40代でセミリタイアへの道程

高配当投資と節約により、経済的自由を目指します。

2019年5月の収支

f:id:golei:20190502215027p:plain


 こんにちは、ゴレイです。

先般、社畜サラリーマンとして、スマホが支給されました。

 

i-phoneでしたので、使いづらい…。

歴史の長いアンドロイドユーザーには慣れません。

 

私は世間に先駆けて、2010年頃からスマホを使っており、プライベートで使っているスマホはずーーっとアンドロイド端末でした。

 

比較的最近スマホを持ち出した私の両親は、

 

「年寄りには、i-phoneがよかたい!」

 

と大絶賛していましたが、私には理解できず…、慣れなんでしょうけどね。

 

ちなみに私のスマホは現在は5代目です。

現在はdocomoのwithシリーズなのですが、機種変更の価格がかなりお財布に優しかったため採用し、当面はこの端末を使っていこうと思っています。

 

私のこだわりといえば、端末が白色で安いかくらいでしたので、必然的にi-phoneを使う機会はほとんどありませんでした。

 

それにしても、操作説明は聞いたものの、アンドロイド端末のノリのようでは少し厳しいようです。



というわけで、6月も5日経ってしまいましたが、2019年5月の収支の状況でも。

数値については、これまで通り丸めた数値で表記させていただいております。

 

収入について


収入は主にサラリーマンとしての給与収入と、株式投資の売買損益と配当金になります。


①給与収入はおよそ393,000円。
②配当金はおよそ72,0000円。
③株式の売却損益がおよそ23,000円

合わせて、およそ488,800円。

 

今月は会社からまとまった手当てが振り込まれたり、時間外労働がやや多かったこともあり、前月比で大幅に増加しています。

 

毎月これくらいあるといいんですけどね…。

 

支出について


独身のサラリーマンなので、相変わらず食費のウェイトが多いです。

 

そう考えると、サラリーマンはコストセンターともいえると思えます。

私の場合、平日の支出が他のセミリタイアを目指す方に比べて、明らかに多い気がしますので。


①食費関係がおよそ55,000円。
②車関係が(駐車場代含む)18,000円。
③保険代がおよそ17,000円。
④光熱費・通信費等がおよそ20,000円。
⑤GWの旅行関連が27,000円。
⑥Suicaのチャージが5,000円。
⑦整体の回数券が26,000円
⑧クレジットカードの年会費が10,000円

⑨その他が70,000円


その他には交際費、雑費、趣味、保険、日用品、衣服費等その他もろもろ含んでおります。


…今月は業務用のウィスキーを箱買いしたり、掃除機を買い替えを行ったり、若干多めです。

合わせて、およそ248,000円。


トータルの収支はおよそ+240,000円でした。


とりあえず、目標としている200,000円には到達。

一昨日の記事にも載せさせていただいた通り、資産の評価額としてはかなり下げて意気消沈しているところではありますが、月ベースの収支では成果を出せていることもあり、その積み重ねかな…と感じております。