40代でセミリタイアへの道程

高配当投資と節約により、経済的自由を目指します。

30代独身サラリーマンが欲しいものリスト①

こんにちは、ゴレイです。

 

私はあまり物欲が旺盛な方ではないと思っているのですが、独身の30代サラリーマンということで、全くお金がないというわけではないということもあり、高額なものでなければ割と簡単に買えるようにはなりました。

 

無駄な買い物により浪費することはもちろん避けたいところですが、購入することによってコストダウンに繋がったり、満足度が上がるのであれば、やぶさかではありません。

 

ということで、私が今現在欲しており、リサーチしているものを紹介してみます。

 

 

炭酸水メーカー

 

私は炭酸水を日常的に飲んでおりまして、あったら便利かなと思い、リサーチをしているところです。

 

普段は楽天市場で500mlのペットボトル24個入りを2箱購入しており、1本当たりの単価は約60円弱といったところです。

 

コスト面でこの単価よりも安く済ませることが出来るのであれば、前向きに購入を検討しようと思っています。

 

あとはペットボトルのゴミが出なくなりますので、環境には優しいといったことになるでしょうか。一人暮らしですので、ゴミ問題が軽減されるのも非常に助かります。

 


 

 

 

ヘルシーフライヤー

 

一人暮らしだと、家で揚げ物をする機会は多くはないかと思います。

 

鶏のから揚げや天ぷらなんかは好物なのですが、なかなか出来たてを食べる機会が減りました。

 

年齢を考えると、脂ものの取り過ぎは良くないと考えていますので、直接油で揚げるよりもヘルシーだと思われる当該商品にも興味を持っております。

 

脂も減るし、ヘルシーやね…。

 

すみません、つまらないことを言いました。

 


 

 

野菜を食べることが出来なかった過去

 

完全に余談ですが、私は大学に入学するまで野菜をほとんど食べることが出来ませんでした。

 

どの程度かというと、かつ丼に入っている玉ねぎやラーメンの中に入っている長ネギやもやしすらもダメなレベルでした。

 

食べることが出来たのはキャベツの千切りや茄子の煮物といった、ごくごく限られたものだけでしたので、健康上の問題もかなり懸念はされておりました。

 

時を経てオッサンとなった今となってはキュウリを除いたほとんどの野菜を食べることが出来るようになったのですが、克服のキッカケは天ぷら屋でのバイトでした。

 

衣をつけて油で揚げることで野菜が食べられるようになる→温野菜が食べられるようになる→生野菜でも食べられるようになるという流れでした。

 

キュウリを克服できなかったのは、火を通して食べるものではないということに起因しております。

 

話はそれましたが、油を使わずに調理が可能ということでヘルシーな料理が出来そうですし、何より普段の食事にも幅が生まれそうです。

 

 

やはり食事は大事

 

普段は働いているので、仕事が遅くなった際には、コンビニ弁当等で済ませてしまうことが多いのですが、サラリーマンを引退することになった暁には、様々な工夫が必要だと感じています。

 

どんな立場に置かれたにせよ。日々の生活の満足度を上げるには食事の充実は必至だと思いますので、リサーチしていきたいと思います。