40代でセミリタイアへの道程

高配当投資と節約により、経済的自由を目指します。

2019年8月の配当金状況

f:id:golei:20190523224900j:plain

こんにちは、ゴレイです。

本日帰宅途中にセブンイレブンに立ち寄り、ウーロン茶とスナック菓子、合わせて300円相当を購入しました。

セブンイレブンでは、101円以上の買い物で100円相当を付与というものをやっておりますので、それを狙っていたところ、20回に1回の確率で最大1,000円相当が当たるキャンペーンの方が当たってしまいました。

実は本日のランチでPayPay決済をしたのですが、マックス1,000円キャンペーンが当たらなかったところ、油断しておりました。

300円の決済よりも1,000円の決済で当たりたかったという気持ちが強く、正直かなり損したなという感触を持っていますが、感覚がマヒしているのでしょうか。

今月の配当金収入が確定しましたので、ご報告です。

2019年8月の配当金(税引後)

株式配当金
銘柄 配当金
AT&T(T) 15,842円
PFF iシェアーズ優先株式&インカム証券 16,350円
ブリティッシュ アメリカン タバコ(BTI) 17,316円
アッヴィ(ABBV) 17,736円
合計 67,244円
ソーシャルレンディングの配当金

こちらは11,862円でした。

合わせて、79,106円でした。

今月も10万円には届かず…でした。


獲得配当金を増やしていく過程

来月は確実に10万円越えを達成する見込みです、季節的な要因が大きいですが。

今月の8万円弱の金額でありますが、大台は超えていないというところではありますが、社畜サラリーマンが月に得ることのできる金額として、冷静に見ると決して少なくない額ではあります。

昨今の株式安により、資産残高という意味では目減りしている感は否めませんが、野球で例えるならば、株価は打率のようなもの、配当金は安打数のようなものと捉えるようにしています。


一流選手であればシーズン当初は打率が悪くても、シーズン終えればそれなりの打率をキープしているみたいな。


人生は長いのです。

目先の利益も大事だと思っていますが、10年後20年後マーケットに生き残っていることも大事だと思っています。

今後のメリットを得るために、市場から退場させられることだけは是が非でも避けたいところです。